助産師転職のスキルアップ

赤ちゃんや妊産婦の命を預かる助産師は、責任重大な仕事です。それゆえに悩むことも多くあるのではないでしょうか。看護師とは違い命の誕生に携わる仕事なので喜びにあふれているのではないかという声もきかれますが、生まれてくるのは元気な赤ちゃんばかりではありません。

喜びもあれば悲しいこともある仕事です。亡くなった赤ちゃんのお母さんや、家族の悲痛な思いにもこたえてあげなくてはいけないこともあります。亡くなった赤ちゃんを最初で最後の産湯できれいにしてあげてから、お母さんが準備した産着を着せてあげるというつらい作業もあります。

そんなケースが続いてしまうと精神的にまいってしまう助産師の方も少なくありません。しかし、陣痛が始まったお母さんがまたすぐに病院へやってきます。次のお産のためにも気持ちをすぐに切り替えて仕事をしなければいけません。助産師を続けていくには強い精神力も必要なのです。

救急病院での緊急事態の時は、医師や看護師との連携を取りながら臨機応変に対応することができる技術力も求められます。張りつめた状態を長く続けているといつか糸が切れてしまうことでしょう。

そんな状態に陥っている助産師の方は、月の分娩数を決めて一度のお産にじっくりと取り組む病院や助産院がおすすめです。助産師のスキルアップは続けていくことです。続けていくことで精神力も技術も知識も身についていきます。

多くの赤ちゃんを取り上げていくことによって、どうすれば危険な状態を避けることができるのか、緊急事態ではどのように動いていけばいいのかを学んでいくことができます。そのような技術を身に着けて熟練した助産師になることで、自分で助産院を開業することもできるようになります。

自分の助産院を持つことができれば理想としたお産をすることができる助産院を作っていくことができるでしょう。出生率が低下している現代社会だからこそ、お母さんたちが安心して生むことができる場所を提供していくことが、大切なのではないでしょうか。
岩手県立高田病院

助産師に向いている人の特徴

どのような職業でも向いている人と向いていない人がいますよね。助産師の場合は、どのような人に向いているのでしょうか。

まず、赤ちゃんや子どもが好きというのは大前提だといえるでしょう。 それから、生命の誕生に立ち会うということがどういうことなのかよく理解している方でなければなりません。

助産師が取り上げる赤ちゃんの中には残念ながら悲しい結末を迎えてしまう赤ちゃんもいます。不幸に立ち会うことがある職業だということも理解していかなければなりません。

赤ちゃんが大好きならばそれだけで向いているとはいえない職業であるため、そのあたりはよく理解しておきましょう。

また、意外と知られていないのは体力が必要な仕事であるということです。お産というのは何時に起こるかというのが正確に予想できませんよね。

陣痛が始まってから何時間後に生まれるかというのも人それぞれであるため、分娩の準備だけでなく、陣痛中のお母さんのサポートやその後のアフターケアまですべて行わなければならないため、体力がなければ勤まらないのです。

真夜中や明け方に生まれる赤ちゃんもいるため、夜勤もあります。それから、妊娠中のお母さんや家族というのは大きな不安を抱えているため、その不安を支えられる人でなければなりません。

やさしい言葉をかけてあげられるという方はもちろん、他にもお母さんが抱えている悩みや不安にしっかり気付き、精神的にもサポートしてあげる必要があるのです。

物腰の柔らかい方でなければお母さんも不安になってしまうはずなので、言葉遣いや態度に注意できる方だと向いています。不安を抱えたお母さんの中には助産師にきつく当たってしまう方もいるかもしれません。

そういった場合でも柔らかく受け止め、お母さんと赤ちゃんの両方を支えていける助産師を目指しましょう。

妊娠することは病気ではありませんが、体には大きな負担がかかります。

これにより体調を崩してしまう妊婦さんも多いので、助産師の持っている役割というのは非常に重要だといえるでしょう。

助産師が担っている役割

助産師の役割というのはとても大きいです。まず、妊娠をした女性にとって欠かせない存在でもありますよね。

特に初めての妊娠では嬉しい気持ちが大きいものの、同時にたくさんの不安を抱えることになります。

出産が2回目、3回目になる方だったとしても不安に思うのは同じことでしょう。 家族の支えも大切ではありますが、同じ女性であり、出産に関して専門的な知識を持っている助産師というのは多くの女性にとってとても頼りになる存在なのです。

お産をする際には、そばについて支えます。 励ますだけでなく、腰をさすったり、妊婦さんに異常がないから常に目を光らせなければなりません。

また、初産の方の場合、無事に赤ちゃんを産んだ後のケアやおうちでの世話の仕方についてよくわからないため、そのあたりのことについても詳しく伝えなければならないのです。

このほかにも、学校などで正しい性教育を行うというのも助産師の大切な役割となっています。

妊娠中絶件数が増えている背景には性に関する知識が足りていなかったり、リスクを十分に理解していないということも考えられるため、子供たちの未来を支えるためにもこういった知識を正しく身につけられるようアドバイスしなければなりません。

このような問題の中には難しいものもありますが、子どもたちでも十分に理解できるようにわかりやすく伝えられるよう工夫するのも仕事です。

子育てをしている方の悩み相談を受けることもあります。 大家族であれば家族の中で解決できる問題もあるかもしれませんが、近年は核家族化が進んでいますよね。

これにより、誰にも相談することができずにストレスを抱えている方もいるため、そういった方の話を聞き、精神的なサポートするという役割を持っています。

悩みを抱えているお母さんの中には、子どもに暴力を振るってしまい、自分自身を責めている方や、子供への接し方がわからず、途方に暮れている方もいるため、その方の環境やケースに合わせ、最適なアドバイスをするための知識も求められるでしょう。

非常にやりがいのある仕事であるため、多くの女性から頼られるベテランの助産師を目指していく強いですね。

メニュー

ページの先頭へ