助産師転職の求人状況

看護学校時代はとても忙しい学生生活を過ごし、狭き門の助産師の国家資格を見事取得できたそのあとに気になるのが就職先だと思います。助産師不足と言われている現在の助産師の求人や、就職の状況はとてもいいようです。助産師の需要は高く就職に困ることは少ないようです。

どちらかと言えば、売り手市場と言えるのかもしれません。助産師の求人は病院や診療所をはじめ、助産施設や保健所・保健センター、母子健康センターなどにもあり、乳児健診などの仕事を行います。

看護師不足で潜在助産師の再就職が必要と言われている現在では、一度退職をした人に対しても多くの求人募集があります。また、公的医療機関や保健所に就職をすると公務員になることもできます。

助産師という資格自体、国家資格であり専門性が高く医療に関する高度な知識や技術が要求される仕事なので、募集先も積極的に採用してくれるようです。

ただし、出産は24時間いつ始まるかわからないものです。日中夜問わず不規則な仕事になるため、勤務時間も日勤、準夜勤、夜勤があるなど不規則なものになってしまいます。看護師と同様激務でもあり、体の不調をきたす人もいるようです。

また、助産師は今後進んでいくと思われる少子化の影響で需要が減ってしまうのではないかと懸念されています。出生率の低下は今後助産師を目指す人にとっては、気になるところなのではないでしょうか。

ちなみに助産師は、自分で助産院を開業することができます。助産師の経験を積んでいれば開業をして収入を得ることもできるのです。最近では、病院などの助産師不足の穴埋めのために、開業助産院での緊急オペなどが必要な場合の受け入れ病院としてお互いに助け合る意味で助産院と病院が契約をするというところも増えています。

助産師という仕事は長く続けていくことができるやりがいのある仕事です。自分に合ったいい職場を見つけていい助産師になれるように努力をしていってください。

メニュー

ページの先頭へ